記者会見レポート

『秘密 THE TOP SECRET』完成報告会見

『るろうに剣心』の大友啓史監督最新作ついに完成


2016.5.11@
千代田区

豪華キャストがそろった華やかな会見。


『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督最新作『秘密 THE TOP SECRET』。被害者の脳に残った記憶を映像化し、事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。彼らが凶悪犯を追うミステリー・エンターテイメント超大作です。
完成報告会見では、大友監督、そして生田斗真さん、岡田将生さん、松坂桃李さん、栗山千明さん、大森南朋さんらメインキャストが登壇しました。

まずは「第九」室長、薪剛(まきつよし)役の生田さんが「衝撃作ができあがりました。問題提起をしながらも、エンターテイメント作品に仕上がっています。みなさん、よきインフォメーションをお願いします」と挨拶。
続いてマイクを持ったのは、新人捜査官、青木一行を演じた岡田さん。「僕にとってチャレンジな役でした。いろんな方々に観ていただきたいので、よきインフォメーションをお願いします」と生田さんと同じ締めで、会場は和やかな空気に(その後も松坂さん、栗山さん、大森さん、大友監督と全員が「よきインフォメーションを」で締めました)。

捜査官、鈴木克洋役の松坂さんは「ここまでタブーぎりぎりのところを攻めた作品はなかなかないと思います。より多くの方に観て欲しいです」、監察医、三好雪子を演じた栗山さんは「ハラハラドキドキしながらも、最後は優しい気持ちになれる、感動できる作品に仕上がったなと思います」と、作品を観て涙を流したと語りました。
刑事、眞鍋駿介を演じた大森さんは、「素敵な好青年とキレイなお姉さんに囲まれて、乱暴な中年刑事を演じました」と、『ハゲタカ』でも組んだ大友監督の映画の現場を楽しんだご様子。
『るろうに剣心』の前から企画が始まり、4年もの歳月をかけて完成したという本作。大友監督は「衝撃的、深い内容でありながら、ジェットコースターに乗ってるかのような作品に仕上げたつもりです」と、その仕上がりに自信を見せました。

生田さんは薪役について「多くのトラウマと闇を抱えて、立っているのが精一杯、生きているのが精一杯というギリギリのところで存在している役でした。撮影期間中もストレスを感じながら、つらさを感じながら日々過ごしていた気がします」と語り、大友監督のシリアス、かつハードな現場を振り返りました。さらに「岡田くん、松坂くん、勢いのある『ゆとり』世代の俳優さんたちと共演できてうれしかったです」とふると、岡田さんは「ゆとりですがなにか?」と返答。松坂さんは「言っちゃったな」と笑顔を見せました。そのやりとりからだけでもチームワークの良さが伝わってきます。その岡田さんも、今作はチャレンジだったようで、「あまりこういう役をやったことがなかったので、引き締めて現場に入っていました。自分自身、この役と一緒に大きくなろうと過ごしていました」と今作への思いを語りました。
大友監督の現場でおなじみの長回しについて、生田さんは「どこでも撮れるようなセットになっていて、俳優として嬉しくもあり、怖くもありました。戦いのリングを用意したので、あとは好きにやってくださいと言われているような感覚でした。大友監督は物づくりに対する欲望と熱がうずまいている方。あまり出会ったことのないタイプです」と、大友監督への信頼を口にしました。

最後に大友監督は「スタッフ、キャスト全員の魂を込めて最後までつくりあげた作品です。現代社会とクロスオーバーして見ていただける作品だと思います」、生田さんは「日本映画を次のレベルへ持っていく要因になれればと思っております」と語り、会見は盛況のうちに幕を閉じました。


秘密 THE TOP SECRET
監督/大友啓史 原作/清水玲子 出演/生田斗真 岡田将生 ほか 配給/松竹 (16/日本/148min)
8/6~全国公開
『秘密 THE TOP SECRET』のオフィシャルHP


ピクトアップ#101(6/18発売号)では岡田将生さん、大友啓史監督、美術の橋本創さんインタビュー、
衣装キャラクターデザイン澤田石和寛さんによる織田梨沙さん撮り下ろしを掲載しています。